はじめに。

お菓子作りをしよう!となった時に冷蔵庫に有塩バターしかない!みたいな時ないですか?そんな時この方法を試してみてください。

 有塩バターと無塩バター。

無塩バターといっても完全に塩が入っていないわけではないのです。私のもっているお菓子本には「無塩バター」ではなく「食塩不使用」と書いています。有塩バターは人為的に塩を加えたもの。ここでの無塩バターは人為的に塩を加えていないものだと思ってください。

 なぜお菓子作りの時に無塩バターを使っているのか。

  • (1)バターをたっぷり加えるケーキの場合、「有塩バター」を使うと味がしょっぱくなる。⇒美味しくない。
    (2)スポンジケーキのようにふっくらと膨らませるケーキの場合、「有塩バター」を使うと肝心の膨らみが良くない。⇒柔らかいしっとりとした食感が損なわれる。
    (3)「有塩バター」を使うと味がくどくなる。⇒バターのさわやかな味を楽しめない。
ということだと思います。
さて、これからやり方について説明していきましょう。

 準備物。

有塩バター・背の低いコップ・電子レンジ

 やり方。

STEP1

有塩バターを背の低いコップに入れて電子レンジに1分かけます。

STEP2

全て溶けたら取り出します。

STEP3

溶けると有塩バターは底に塩分、上に無塩バターと分離するので、上のバターをすくってしまえば無塩バターの出来上がりです。

 終わりに。

これからもお菓子作りをする方有塩バターしかないとき試してみてください。
ここまでご観覧ありがとうございました。