〔放射線量下がらず 栃木・那須塩原5カ所~県、追加除染も検討〕

(東京新聞 2014年9月13日)

栃木県は、東京電力福島第一原発事故を受け、

昨年度までに除染した

県有施設70カ所の平均空間放射線量を公表した。

前回3月の調査と比べて全体的に低下傾向にあるが、

国が目安とする0.23マイクロシーベルトか、

それを超える数値を那須塩原市内の五カ所で計測。

県は追加除染を検討するとしている。
モニタリングは八月中に各地で測定した。

0.23マイクロシーベルト以上を計測した施設は、

畜産酪農研究センター(0.24マイクロシーベルト)、

県営埼玉(さきたま)住宅(0.28~0.30マイクロシーベルト)、

余笹川赤沼せせらぎ公園(0.23マイクロシーベルト)、

箒(ほうき)川和田山河川公園(0.23マイクロシーベルト)、

熊川ポケットパーク(0.26マイクロシーベルト)。

この5カ所とは別に、

前回調査時より線量が上がった地点は

23カ所に上った。

県によると、3月調査では大雪の影響で、

県北地域を中心に線量が低く出る傾向があったためとしている。

各施設の放射線量は県のホームページで公開しており、

県は引き続きモニタリングを行う。

 

                 ~栃木県内の汚染~

              http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n233492

 img_382300_5228647_0.jpg

TKY201109270722.jpg

 

約29分~

(元、ゴルバチョフ政権時の科学顧問)

アレクセイ・ヤブロコフ博士の重要な話をじっくりお聞きください。

 

「放射線量は(事故後)約5年後、再び上昇&拡散する

~根を経由しての植物拡散

 

我々日本人にとっても非常に重要な点を指摘しています。

 

確かに、特に超短期半減期の放射性ヨウ素のみならず、

 

主核種の1つセシウム134の半減期が2年後に到来し
最大で40%下がるとも言われていますので、
http://www.magazine9.jp/oshidori/111201/index3.php

 

更には、

 

【放出された放射性物質、1年で地表30cm程度まで浸透の可能性】

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083522385

チェルノ:(事故から約7年後に)地表下20cm地点に堆積

福島:(事故から約1年後に)地表下30cm地点に堆積

 

と「土壌質」の差異によって、多くの堆積地点も

大幅に異なりますが、

福島の場合は、堆積地点が時系列的にも早く&深く

堆積するので、

事故後2年くらいで、大幅に線量は下がるとも言われています。

 

しかし、アレクセイ・ヤブロコフ博士によると、

それらは、(誤解に基づく)死角となりやすいわけです。

というのも、

 

チェルノブイリ被害実態レポート
【第3章 チェルノブイリ大惨事が環境に及ぼした影響 】
アレクセイ・V・ヤブロコフ (a)
ヴァシリー・B・ネステレンコ (b)
アレクセイ・V・ネステレンコ (b)
a. ロシア科学アカデミー モスクワ(ロシア)
b. 放射線安全研究所(ベルラド) ミンスク(ベラルーシ)

http://chernobyl25.blogspot.jp/2012/03/3.html
【第8節 チェルノブイリ後の大気、水、土壌の汚染】
「チェルノブイリの放射性核種は堆積物、水、植物や動物中で濃縮され、
その土地のバックグラウンド放射線レベルの10万倍に及ぶ場合もある。
水界生態系に対するそのような衝撃がもたらす影響については不明な点が多い。
春季の洪水でセシウム137(Cs-137)や
ストロンチウム90(Sr-90)が流し出された結果、
淡水生態系が二次的な汚染を受ける。
氾濫原、低地湿原、泥炭湿原などにおける、
さまざまな放射性核種の垂直下方向への移動速度は
年におよそ2〜4センチメートルである。
土壌中の放射性核種が垂直方向に移動すると、
根の深い植物が放射性核種を吸い上げ、
地中深くにある核種を再び地表へ戻すことになる。
この移行は近年観察されて来た重要なメカニズムの一つで、
この移行によって汚染地域の住民の内部被曝線量が上昇する。

 

これを噛み砕いて言えば、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1189754106
でも触れましたが、

「一般に土に含まれる粘土分は放射能を取り込んで外に
逃がさない性質を持っています。
ところが、ゼルジンスク村の土のように、粘土分が少なく、
ほとんどが粒子の粗い『泥炭(でいたん)』質ですと、
放射能が植物に急速に吸収(=移行)されやすい。

 

更に、

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1175877036
でも触れましたが、
窪地が多く、水溜りといった吹き溜まりができやすい箇所では
芝生、樹の根元などに放射線物質が
たまりやすく、その結果として
植物からしてみれば、類似同属元素である
(植物には必須栄養分〔ミネラル〕である「カリウム」と誤解して)
「セシウム」を
(植物には必須栄養分〔ミネラル〕である「カルシウム」と誤解して)
「ストロンチウム」
等の擬似必須ミネラルを誤信吸収しやすくなるわけです。
(⇒類似同属元素ですので、見かけ上は、成長効果をもたらすのは当然)

 

特に、水溶性核種の「セシウム」は、雨水を介して、移行率が高い。

つまり、

アレクセイ・ヤブロコフ博士の指摘する

「放射線量は(事故後)約5年後、再び上昇&拡散する

~根を経由しての植物拡散

 

というのは至極当然な事であって、

安易に物理学的半減期に従って線量が下がると考え

現在の国策のように汚染地区への帰村を促進する

行為がいかに愚かであるかは一目瞭然。

 

 07.gif

 

 hibaku_Austria.jpg

  

5673.jpg

 

  o0550044111627740623.gif

 

 2011_03_20_file.jpg

 0005.jpg

 

 dsc_0023_450x262.jpg

 

とセシウム&ストロンチウムのみならず、

 

【 福島原発事故により環境に放出された放射性同位体(核種)31種類 】

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1280565232

 

1『キュリウム242』(1000億ベクレル)〔=0.1テラベクレル〕

2『プルトニウム238』(190億ベクレル)〔=0.019テラベクレル〕
3『プルトニウム240』(32億ベクレル)〔=0.0032テラベクレル〕
4『プルトニウム239』(32億ベクレル)〔=0.0032テラベクレル〕
5『プルトニウム241』(1.2兆ベクレル)〔=1.2テラベクレル〕

6『ヨウ素132』(470兆ベクレル)〔=470テラベクレル〕
7『ヨウ素135』(630兆ベクレル)〔=630テラベクレル〕
8『ヨウ素133』(680兆ベクレル)〔=680テラベクレル〕
9『ヨウ素131』(16京ベクレル)〔=16万テラベクレル〕

10『テルル129m』(3300兆ベクレル)〔=3300テラベクレル〕
11『テルル127m』(1100兆ベクレル)〔=1100テラベクレル〕
12『テルル131m』(97兆ベクレル)〔=97テラベクレル〕

13『テルル132』(760兆ベクレル)〔=760テラベクレル〕

14『イットリウム91』(3.4兆ベクレル)〔=3.4テラベクレル〕

15『ストロンチウム89』(2000兆ベクレル)〔=2000テラベクレル〕
16『ストロンチウム90』(140兆ベクレル)〔=140テラベクレル〕

17『モリブデン99』(8800万ベクレル)〔=0.88テラベクレル〕

18『バリウム140』(3200兆ベクレル)〔=3200テラベクレル〕

19『プラセオジム143』(4.1兆ベクレル)〔=1.4テラベクレル〕

20『アンチモン127』(6400兆ベクレル)〔=6400テラベクレル〕
21『アンチモン129』(160兆ベクレル)〔=160テラベクレル〕

22『ネオジム147』(1.6兆ベクレル)〔=1.6テラベクレル〕

23『セシウム134』(1.8京ベクレル)〔=1万8000テラベクレル〕
24『セシウム137』(1.5京ベクレル)〔=1万5000テラベクレル〕

25『ネプツニウム239』(76兆ベクレル)〔=76テラベクレル〕

26『セリウム141』(18兆ベクレル)〔=18テラベクレル〕
27『セリウム144』(11兆ベクレル)〔=11テラベクレル〕

28『ジルコニウム95』(17兆ベクレル)〔=17テラベクレル〕

29『キセノン133』(1100京ベクレル)〔=1100万テラベクレル〕

30『ルテニウム103』(75億ベクレル)〔=0.0075テラベクレル〕
31『ルテニウム106』(21億ベクレル)〔=0.0021テラベクレル〕

 

と主要核種だけでも、これだけの放出。

更には人工放射線核種はMAX200種とも

言われるので、これ以外の核種も含まれる事は

言うまでもありません。

 

複合粒子としてのホットパーティクル(高い放射能を含んだ粒子)

の存在も加味すると、

γ線核種のみの計測可能な線量計の数値だけで

安心することがいかに愚かであるかはお分かりかと。

β線&α線核種も大量に放出されているわけですから。

 更に、γ線核種に存在比にβ線&α線核種の存在比が

比例しているわけではないわけですから。

揮発性核種と不揮発性核種の大気移動&浮遊状況は

明からに異なります。

 

 Fig2.png

 

特に、いわき市等、線量が比較的低い地域の方が

勝手に安心しているようですが、

この方々は特に、β線&α線核種による健康被害を

身をもって体験しないと事の深刻さが理解できないのでしょう。

 

(約5年後)「根を経由しての植物拡散」も加味すれば、

間違いなく、東日本のほぼ全域が全滅に近い状況と思われます。

大気移動&浮遊状況に境界線はないという

重要な事実を見落としていると思います。

 

特に、

【環境省、2013年に飛ぶ花粉の量について全国的に多く(2~6倍)なると発表】

と花粉による拡散によって、約5年後以降、

東日本の現在の極低線量地域も含め、東日本全土が

満遍なく強度に汚染される事になるでしょう。

 

ある意味、(陸上の)「動くホットスポット」とは、

この事を意味しているように思えます。

 

また、この事から「除染作業の非効率性&無益さ」

も十分理解できるかと。

 

なお、アレクセイ・ヤブロコフ博士によると、

この環境的悪循環が最低でも約300年(約7世代)続くそうです。

F1からの最低毎時1千万ベクレルという継続的放出要素

を加味すれば更に言うまでもないことかと。

 

究極的には、事実上「死んだ土地」を捨てるしか道はないわけです。

 

PS

 

日本の各専門家&政治家も含め、日本人には単細胞な方が多く、

結果的にその事が健康被害を拡大する事に繋がるでしょう。

単細胞民族の宿命とも言えるのかもしれません。

拡散&核変&減衰も含め、放射能汚染のメカニズムは

非常に複雑であり、時系列的に単純に理解できる代物ではありません。

逆に言えば、安易に理解しようとする行為そのものが終局的には命取りになるわけです。