2013年1月にSPI3が登場

「1月にSPIの問題集が出ると聞いたけど、本当か?」って質問してる人がいた。

伝聞、また聞きで、話が変なふうに伝わったんだろうな・・・・・・・・・・・



正しい情報は、2013年1月にSPI3が登場するだ。

(より正確に言うと、2013年1月にテストセンターとWEBテスティングサービスがSPI3になる。ペーパーは2014年にSPI3になる。)
http://www.spi.recruit.co.jp/


・・・ということは、1月以降にならないとSPI3がどんな問題の変更が加わったかなどはわかんないってことだ。
だいたい5-7月に筆記試験の問題集ってのは出るから、SPI3用の問題集が出るのは2013年の5-7月だろ。「SPI3問題集 2015年度版」てやつだ。
つまり、 今の就活してる人たちの就活が終わる頃に出る・・・ということだ。

 で、結局、どうすればいいの?

今現在、SPI3の問題集はない。
そして、2013年1月にSPI3問題集が出ることはありえない。
おそらく、2013年5-7月にならないと、SPI3問題集は出ない。しかも、リクルートの公式サイトでは性格テストが少し変わるだけで、能力テストは変わんないって書いてる。つまり、SPI2の問題集(2014年度版な)をさっさと買って、冬休みのあいだに必死こいて対策しようってことだ!!


 インチキ本を買わないよう気をつけろ!

2013年5-7月になったら、SPI3の情報無しで、タイトルだけ「SPI3」ってデカデカと書く問題集はたくさん出るだろうなぁ。そういうインチキ本を買わないようにきちんと調べてから本買え。はっきり言って情報ちゃんととってる問題集のほうが極端に少ない。どうやって見分けるかというとだな・・・・・・評判をネットで調べる、アマゾンなんぞのレビューを参考にするのもよかろう。


あと、手っ取り早く善し悪しを見分ける方法としては、”本のカバーをはがせ!”だ。
カバーに「2014年度版」って入っていても、本そのものに年度がない本が多い。そいつはつまり、去年の売れ残りをカバーだけ新しいのに変えて売ってるってことだ。10年近く本の内容を一切変えてないこともあるそうだ。
つまり、去年のSPI2の本なのにSPI3のカバーに付け替えた本が来年はたくさん出回るってことだ。うぜー



【2013年に書き足し】
2015年度版の問題集がでそろったところで、本屋に行って中身見てみた。大型書店で見たので全ての本はチェックしたと思うが、SPI3と表紙につけているものの、対応が出来ているのは、某ノートの会 だけだった。特定のものを勧めるのは嫌いなので、正式な著者名は自分で調べてくれ。