小中学校の教員の勤務時間について、文部科学省が10年ぶりに調査した結果、いずれも前回よりも増加し、特に中学校は部活動により、土日の勤務時間が大幅に増えていることがわかりました。
専門家は「部活動の担当教員は授業時間を減らすなど役割分担を明確にすることが必要だ」と指摘しています。

この調査は、教員の長時間勤務が問題となる中、文部科学省が10年ぶりに実施し、去年10月から11月にかけて全国の小中学校の教員、およそ2万人を対象に行いました。

その結果、平日の勤務時間の平均は小学校が11時間15分で前回より43分、中学校が11時間32分で前回より32分、いずれも増加していました。
また、土日の勤務時間は小学校が1時間7分で前回より49分の増加、中学校は3時間22分と前回より1時間49分と大幅に増えていました。

それぞれ最も増えた業務は、平日は小中学校ともに「授業時間」、土日は小学校が「授業の準備」、中学校が「部活動」でした。

このうち、部活動について文部科学省は、教員の負担を減らすため外部の人材を活用するなど対策に乗り出しています。
部活動の実態に詳しい日本大学の佐藤晴雄教授は「部活動は教員自身が担当を選べないことなど問題が多い。外部指導員の活用だけでなく部活動の担当教員は授業時間を減らすなど、役割分担を明確にすることが必要だ」と指摘しています。

「過労死ライン」超えるおそれの教員も

厚生労働省は、時間外労働が、1か月でおおむね100時間を超えるか、2か月から6か月のいずれかでおおむね80時間を超えた場合を、労災の基準となる「過労死ライン」に定めています。
この調査では、1週間の時間外労働が20時間を超えた教員は、小学校が33.5%、中学校が57.7%、また、副校長や教頭の管理職では、小学校が62.8%、中学校が57.9%に上りました。
いずれも、このまま1か月働き続けると「過労死ライン」に上るおそれがあるということで、文部科学省は「深刻な結果で業務改善などに早急に取り組む必要がある」と話しています。

部活動の負担減らす取り組みも

埼玉県のある中学校では、教員の部活動の負担を減らすため外部講師を活用したり、複数の顧問を置いたりしています。
埼玉県戸田市にある笹目中学校では、18の部活動がありますが、運動部は原則2人の顧問を置くことで負担を減らそうと取り組んでいます。
このうち、野球部は週の活動時間が多い時は10時間以上になり、週末も練習試合が多いため、2人の顧問が交互に出勤することで過度な負担とならないよう心がけているということです。
野球部の顧問をしている廣川隼志さんは「2人いると時間の使い方も変わってきます。空いた時間で授業の準備もできるし、ありがたいです」と話していました。

文科相「看過できない深刻な事態」

松野文部科学大臣は、閣議のあと記者団に対し、「教員の長時間勤務に支えられている状況は限界にきていると認識していたが、改めて看過できない大変深刻な事態が裏付けられた」と指摘しました。
そのうえで、松野大臣は「勤務時間の短縮に向けた具体的かつ実効性のある取り組みを早急に進めたい」と述べ、中教審=中央教育審議会で新たに検討を始める考えを示しました。

配信 4月28日 10時57分

NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010964481000.html

関連スレ
【教育】中学教諭の6割は過労死ライン。文部科学省が公表
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493338066/

コメント一覧
道徳と運動会の練習と卒業式の練習を削ればいいんよ
アッー
事実なら校名をだせよ
土日は部活動休み
どうしても練習して全国目指したいんなら
専任コーチを雇え
ロリコンには天国だけど真面目な先生は大変だね
部活要らね
>>1
これさ、教員の負担なんかどうでもいいんだよ。
子供を月に何時間学校に拘束するんだって話。
昼飯休憩を抜かして、一日8時間労働換算で計算しても残業時間に当てはめたら過労死ライン超えてるだろ。
子供用だと一日6時間換算が普通だな、明らかな虐待であり、こいつらを逮捕しろよ。
「過労死ライン」超えるおそれの教員もwwww


東京都江戸川区の小学校で、教え子の女児の服を脱がせて、芸人「アキラ100%」のモノマネを強要したとして、
警視庁小松川署は3月31日までに、強制わいせつの疑いで20代の教諭を逮捕しました。
強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、大田区中央5丁目に住む小学校教員・佐々木一幾容疑者(29)です。
発表によりますと佐々木一幾容疑者は3月28日正午ころ、江戸川区内にある公立小学校の教室内で、
小学4年生の女児(10)に対して「(裸芸の芸人)アキラ100%のものまねをしろ」と言い服を脱がせ、カメラで撮影した疑いが持たれています。

女子児童の体を触るなどしたとして、今年1月に逮捕された小学校教諭の男について名古屋地検岡崎支部は、不起訴処分とした。
男は、以前担任をしていた女子中学生の水着などを盗んだとして起訴されている。
愛知県安城市に住む小学校教諭・山下謙慈被告は、2009年当時、担任をしていた中学2年の女子生徒の水着や
タオルなどを盗んだ疑いで逮捕され、先月、窃盗の罪で起訴されている。
山下被告は今年1月、勤務していた三河地方の小学校で、高学年の女子児童(当時)の胸を触るなどした疑いでも逮捕されていたが、
20日、名古屋地検岡崎支部はこの件について不起訴処分とした。名古屋地検岡崎支部は、不起訴処分の理由について明らかにしていない。

京都府内の小学校で担任したクラスの女児5人に乱暴やわいせつ行為を繰り返したとして、
強姦と強制わいせつ罪に問われた元小学校講師・斎藤智由被告(32)に、
京都地裁は3月9日、懲役20年(求刑懲役30年)の判決を言い渡した。
 判決などによると、斎藤被告は10年2月〜11年1月、府内の2つの小学校で担任した当時8〜9歳の女児4人に、
学校内や女児宅で計14回のわいせつ行為をした。
さらに府内の別の小学校で受け持った女児に対し、8カ月間に女児宅で12回乱暴したほか、
学校などで計11回のわいせつ行為をした。5人の女児に対し、実に37回も行為に及んだことになる。

野県警飯田署は22日、学校内で10代の女性にわいせつな行為をしたとして、
強制わいせつの疑いで、同県大鹿村立大鹿小学校の教員、唐沢慧容疑者(31)=松川町元大島=を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は平成27年2月20日と同3月17日、
南信地方の学校で同地方に住んでいた10代の女性に対して身体を触るなどわいせつな行為を働いたとしている。
学校関係者などによると、唐沢容疑者は勤務していた大鹿小学校の校舎内で、
当時高学年の女子児童に対して犯行に及んだ疑いが持たれている。

逮捕されたのは旭川市永山4条9丁目、市立末広小学校教諭、菅野博之容疑者(42)です。
 菅野容疑者は、去年11月から12月にかけて複数回にわたり、面識のある10代の女子児童に、
無理やり服を脱がせて体を触るなどのわいせつな行為を繰り返した疑いがもたれています。
ほかにも複数の女子児童にわいせつな行為をしていた疑いがあり、旭川中央署は、
余罪についても捜査していますが、菅野容疑者は依然、黙秘を続けているということです。

女子児童に下着脱がせ撮影、教諭の男逮捕(愛知県)
 小学校の教室で、女子児童のわいせつな写真を撮影したとして、愛知県豊田市の市立小学校の教諭の男が28日、
強制わいせつの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、豊田市立小学校教諭・水野義健容疑者(52)。

警察の調べによると、水野容疑者は2014年10月、自身が勤務する小学校の教室で女子児童の下着を脱がせた上、
机の上に仰向けに寝かせてわいせつな写真を撮影した疑いがもたれている。
調べに対し、水野容疑者は「撮影はしたが、脱がせてはいない」と容疑を一部否認している。
水野容疑者は今年8月、別の女子児童にわいせつ行為をしたとして逮捕されていて、警察が余罪を追及する中で今回の容疑が浮上したという。
学校教育における部活動を一切禁止しろ