昨年は210kmに出場し登り前の大落車に巻き込まれ、マドンも全損。
消沈気味になり、もうツールドおきなわの参加はやめようかと思った1年前でしたが、チームメイトのあっちゃんが今年も参加するのと、カテゴリーを下げてちゃんと自分のレースをしたかったのもあり、50kmに参加。
結果の順位も大事ですが、レース内容を面白くしたく走ってきました。
当日はホテルを5時過ぎに車で出発、5時半には到着してたんですが、もう集合場所には並ぶ列が出来て、、、みんな気合いが入ってる様子でした。

                  1. +

[レース展開]
3列目からスタート。
パレードランで先頭まで上がって、そのままスタート。
スタートで1人が逃げアタック気味に飛び出したので、ウォーミングアップと重い、アタックかけて2人で走る。
と、思ったら2〜3回ローテしたところでギブアップサインを出され、集団に戻られました。。
こちらも逃げれるとは思ってないんで、300wくらいで無理しない程度に流して数キロで吸収される。
集団はやはりローテーションなどまったく回らず、不安定な集団でしたが、下げって落車の危険にあうよりはマシと思い、積極的に先頭引いて本部関門のスプリント地点1キロ手前まで走る。
特に登りで踏むつもりはなかったが、350wくらいでマイペースで踏んで行くと数メートル飛び出す形になったので、ありがたく最初のスプリント賞ゲット。
それから今帰仁関門まで工事区間やら、別カテゴリーの前から落ちてきた方がいてさらに集団は危険な感じ。
この区間もほぼ先頭付近で展開してたがまだ集団は100人近くいる模様。
今帰仁の登りから1人抜け出す、だぶんスプリント賞ねらいと思って容認。
こちらも集団ほ小さくしたかったんで強めに踏んで2番手通過。
けど海岸線に出た時の感じだとまだ70人くらい残ってたよう。
そっからはまたほぼローテが回らず、つまんない展開。
何回かアタック気味に飛び出すも、やはり集団パワーは強く数キロで吸収される。
最後のジャスコ坂で少し展開があったが下りでまた集団が大きくなり最後スプリントまで。
最後のコーナーを3番手くらいで通過、早過ぎる上がりにトレインは無く、残り800mで先頭出ちまった。
やっちまった最悪の展開。
あとは後ろから上がってくる集団にビビリながら耐えるのみ。
結果8位でした。。
入賞6位まで、一番取ってはいけない順位。
まぁでもレース内容には満足しているんでいいんですが。。
最後のスプリントだけ狙って、途中隠れてても仕方ないですしね。
これで今年のレースシーズンは終了、また来年おきなわに帰ってくるかわかりませんが、また別の目標に向かって1年間がんばります。

●1時間17分,252w/NP299w/MP977,90回転,171/195拍,49-51%,AV39,4km/h