目次

  • SEO(Search Engine Optimization)とは
  • 最終的に検索はなくなる(ディマンドドリブンからイベントドリブンへ)
  • Online to OfflineからWeb to Humanへ

SEO(Search Engine Optimization)とは

サーチエンジン最適化という意味で、googleやYahoo!のサーチエンジン(検索)の上位を狙っていく戦略

上位から順に多く見られるのでサイトオーナーとしてはなるべく上位に自分のページを表示させたいというニーズがある

keyword

  • 内部SEO,外部SEO
  • ホワイトハット,ブラックハット
  • google honeymoon
  • google dance
  • サテライトサイト,外部リンク,バックリンク
  • ペンギンアップデート
  • パンダアップデート
  • ハミングバードアップデート
  • ファントムアップデート
  • 内部構造,Bot-friendly,ぱんくずリスト,sitemap
  • 中古ドメイン
  • サイトM&A
  • タグ、メタディスクリプション、カテゴリ
  • schema.org,リッチスニペット
  • セマンティック・ウェブ(semantic web)
  • 潜在意味解析インデックス(LSI)
  • ロングテールSEO
  • コンテンツイズファースト
  • キーワードプランナー

最終的に検索はなくなる(ディマンドドリブンからイベントドリブンへ)

googleはSEOをなくしたい(というよりなくなる)

なるべくサイトオーナーにgoogleのコンテンツを利用してもらい、botによる監視体制を敷く(希望的観測)

よりサイトオーナーの小手先の戦略的側面を減らし、純粋にユーザーのためになるコンテンツを上位に持ってくる

ユーザーのためになるって?

質、量、滞在時間、表示速度、回遊率、リピーター獲得、広告配置、ソーシャルシェア、UI/UXなど

正しい情報・正しくない情報の峻別はすでにほぼBotでできる

情報の淘汰が進み、間違った情報に踊らされることがなくなる

Online to OfflineからWeb to Humanへ

これ以降タイトルのSEOの先の話なので概略のみ

ロボットの普及によって人間が情報を探す時代が終わる

ロボットが適切なタイミングで適切な情報を提供してくれる⇨Web to Human(O2Oの進化みたいなやつ?)

ネットビジネスとリアルビジネスの融合

Android,google nowを中心としたgoogle経済圏(google Play,Wallet)

ロボットによって管理されるのを望むのか(受動的)、自分で選択できる生き方を望むのか(主体的)を選択?