駅の饂飩

2018/01/03

国鉄時代から、駅蕎麦ということばは鉄道ファンや旅慣れた人の

間で一般的に使われてきたけれど、駅饂飩という言葉はあまり

一般的ではないように思います。

でも、駅によっては蕎麦と饂飩両方を出す立ち食いスタンドが

あったり、JR西日本東海道本線新大阪駅のように、

街角でも良く見かける饂飩のグルメ杵屋がホーム上に出店している

ようなケースも見られます。

特筆すべきは東海道新幹線の名古屋駅と、山陽本線の姫路駅です。

名古屋駅では山梨県のほうとうと同様、広義には同じ小麦粉が

原料のきしめんをホームの上で新幹線を待つ間に手軽に味わう

ことができます。

麺類は盛夏は熱いと言って敬遠されがちだけれど、名古屋駅の

ホームでも市中のお店でも、冷たい出汁のきしめんを

味わえますよ。

市中のお店を目指すなら、ころうどんという名古屋市独特の

呼び方の冷たい饂飩もオススメです。

一方の姫路駅の立ち食いは、中華そばを和風の出汁で味わうという

一風変わったもので、若い人ならカオスと言いそうだけれど、

意外なマッチングが評判を呼んだようです。

ペットの犬派、猫派と同様に饂飩派、蕎麦派で意見が別れる

ところですが、乗り継ぎ時間の制約のあるときは、

腹持ちのいいうどんに分がありますよ。

饂飩というと、本場の香川県で運航されていたJR四国の

宇高連絡船を思い出す人もいるでしょうね。

今でも四国には、連絡船の味と謳う饂飩店があるそうですよ。

ちなみに名古屋市でも、スガキヤ食品という地元メーカーから

名古屋駅のきしめんというカップ麺が発売されて話題に

なりました。

あ、そうそう、今日はうどんの日なんですよ。