大阪経済の活性化に活用されてきた大阪府立国際会議場「グランキューブ大阪」(大阪市北区)と大阪市所有の国際展示場「インテックス大阪」(同市住之江区)をどうすべきか、大阪府市が頭を悩ませている。それぞれ拡張や建て替えが検討されているが、カジノを含む統合型リゾート(IR)が実現すれば同種の施設が併設され、競合しかねないためだ。

「現状維持か、拡張か。この1年で決めないといけない」。24日、府市のIR推進会議で、グランキューブを担当する府の部長が、インテックスとIRの三つのすみ分けについて議論が必要だと訴えた。

 グランキューブがある中之島5丁目では、隣のリーガロイヤルホテルが2020年以降に近隣での建て替えを検討しており、区画整理の協議が進む。府はこの機にホテル跡地にグランキューブを拡張し、5千〜1万平方メートルの展示場をつくる案を検討している。府幹部は「30億〜40億円規模の投資になる」と明かす。

 グランキューブ(最大の会議場は約2800人収容)は、展示に弱みを抱える。近年は国際会議と同時に関連展示をすることも多いが、グランキューブは展示用ホールが3階にあり、エレベーターで運べるものしか展示できない。他都市と会議の誘致を争った際、「競り負ける要因になっている」(府幹部)という。

 日本政府観光局(JNTO)の国際会議統計によると、15年の大阪市の国際会議開催件数は、トップの東京23区(557件)、2位の福岡市(363件)に引き離され、7位(139件)にとどまる。府がグランキューブの展示機能の強化を考えているのは、このためだ。

 ただ、大規模な国際会議場と展示場は、IRにも併設される見通しだ。政府はIR事業者に会議場や展示場の設置を義務づけ、カジノの収益を利用して運営させる方針。府市と経済界は今年、湾岸部の人工島・夢洲(ゆめしま)へのIR誘致を前提につくった「夢洲まちづくり構想案」で、IRに1万人規模の会議場と10万平方メートル以上の展示場をつくる絵を描いた。

 しかし、府市はIRの開業時期…

残り:550文字/全文:1394文字
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170729000936_comm.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASK7T5FF5K7TPTIL025.html

コメント一覧
グランキューブいいよ。
せやな
心配する必要無いと思うよw
カジノ関係無く統合したほうがいい

そもそも国際会議場や展示場になぜカジノが必要なんだ?w なんの会議なんだよ。ヤクザの会合か?w
>>1

そもそもグランキューブを中途半端に作った売国奴自民党どもの無計画さが原因。

廃止でいいよ。
グランキューブ一択。
インデックス、夢洲とかいい加減諦めろ
>>5

パチンコ賭博を潰すためだって何度も言ってるだろう。

事実、IRがまだ本格的に動き出していない今の時点でもギャンブル依存症問題がクローズアップされたりしてパチンコ賭博にたいする風当たりが強くなってきてるじゃないか。

何も動かないパチンコ議員だらけの売国奴自民党の信者は邪魔しないでくれ。
7位ってことは現状他都市より不便でのびしろがあるということだろ
インテックスとグランキューブとは全然使い道が違うと思うが・・・