勃起障害 治療と薬





EDで悩んでいる人は?

ED(勃起不全、勃起障害)に悩む日本人は約1130万人と推定されています。


成人男性の4人に1人はEDや射精障害を感じている



<< 10代の元気が復活! ED薬の副作用がない、女を狂喜乱舞させる 安全で効果的な●●対策法とは?





今現在、1000万人以上の成人している日本人男性が、ED(勃起不全)の症状で悩んでいると言われています。EDとは、性交渉の際に男性側の性器が正常な勃起に至らないことから、満足のいく性交が行えない状態であることを指し、一般的に性交を3回した内の2回を失敗した場合はEDの疑いがあると位置づけられいます。

そして、勃起不全ではないものの、女性との性交渉の際に射精ができないといった、膣内射精障害の悩みを抱える男性も決して少なくはありません。ある大学病院が15か月間行った調査によると、不妊症で外来した男性550人の内46人が射精障害であり、その内の16人は膣内射精障害であることが分かっています。

こうした男性の射精障害は年々増加傾向にあり、受診までには至らない潜在的な人数を考えると、相当数に及ぶのではないかと言われています。

また、EDや射精障害にかかる年齢の若年化にも注目が集まっています。



仕事で自信喪失、離婚につながる悲劇も

現在、日本社会のED人口は、中等症(しばしば勃起しない)と重症(常に勃起しない)とを合わせると推定1130万人。たまに勃起しない「軽症」を加えればさらに多くなる。年齢別有病率では40代2割、50代4割、60代6割。ごくありふれた男の病気だ。

 しかし特に20代、30代のカップルでは、EDが原因で離婚につながる悲劇もある。中高年でも、夫婦の大事なコミュニケーションの一つを失うことになり、中には、EDのために仕事面でも自信喪失してしまう人が少なくない。「こうなると重大な病気です」(永尾医師)



知らなかった!ED治療薬は、どの科でも処方できるの?

自分がEDではないか?と不安になるようであれば、まず、かかりつけの内科医や近くの泌尿器科などを訪ねるとよいでしょう。

ED治療で最も一般的な方法は、ED治療薬を服用することです。ED治療薬は男性器の疾患を扱う泌尿器科で処方されるのが普通ですが、内科などの泌尿器科以外の診療科でも処方可能です。


恥ずかしい・・・でも脱がされることはない?


EDの診察では原則的に、患者さんに服や下着を脱いでもらって触診するようなことはありません。あくまで診察の中心は問診であり、必要事項を調査票に記入してもらうだけで済みます。

ただし、泌尿器科を受診した際に、排尿障害や糖尿病など、ED以外の病気が疑われる場合には、触診や採血・検尿などの詳しい検査が行われることもあります。


勃起機能を5段階で評価するらしい。

EDの診察は基本的に問診だけでOK!


質問1
最近6カ月で(以下同)、勃起を維持する自信の程度はどれくらいありましたか?

質問2
性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な勃起の硬さになりましたか?

質問3
性交中、挿入後何回勃起を維持することができましたか?

質問4
性交中に、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか?

質問5
性交を試みた時に、何回満足に性交できましたか?

各項目の最高点を5点とし、合計得点が21点以下の場合にEDの疑いがあるとされます。



ED診療施設選ぶポイントは?

初診時の受付での対応がスムーズ

(口頭以外の方法でEDを伝えることが可能か:診療カードでEDを申告など)

過剰な検査などがないか

(事前調査可能であれば聞いてみる)

一般の患者さんや女性の患者さんが来院していないか

(ED専門クリニック以外では普通のことですが、ED専門クリニックでは女性患者はおらず受付などのスタッフも全員男性が当たり前です)

院内処方をしてもらえるか

(院外処方の場合は配慮の行き届いた薬局をさらに探す必要があります)

メールなどで、医師に相談が可能か

一生の持ち時間は限られています。EDでくよくよ悩んでいるのは、無駄な時間とも胃いえます。一日も早く、快適な医療施設を選んで、男の自信と活力を取り戻してください。



<< 10代の元気が復活! ED薬の副作用がない、女を狂喜乱舞させる 安全で効果的な●●対策法とは?























































勃起障害 治療と薬  勃起薬  勃起しない  勃起できない  勃起治療  勃起不全  勃起改善  勃起 医者  勃起 病院  勃起障害 治療と薬   勃起障害 治療と薬